人気講師に学ぶ上手な教え方〜人と差をつける技術とは?〜

ビジネス

東進ハイスクールなどの予備校の講師の方は、
教える教科書は同じでも、
その教え方によって、
人気がある方と、
そうでもない方に分かれています。

聞く話によると予備校の講師の方は、
その教え方と人気の違いで、
収入は何十倍の差がつくそうです。

では、なぜそこまで、
人気がある講師とない講師で
別れてしまうのでしょうか?

僕たちは普段ありがたいことに、
たくさんの “講師” と言われる
ポジションの方と触れ合う機会がありまして、
そんな立場なので、
必然的に人気講師とそうではない方の違いが
わかってしまうということがあります。

ですので、今回は、
人気講師の方の特徴をお話ししながら、
どうしたら人気講師になれるのか?

人気講師になるための教え方について、
そのエッセンスを妻と二人で
お話ししてみようと思います。

要するに多く職業が講師業

さて、今回は人気講師の教え方について
話してみようと思うんだけど、
この分野は君の得意分野でしょ?
そうだね。私は長らく、
習い事の講師の方を
指導する立場にあったし、
何と言っても、小学校の頃の夢が、
学校の先生だったからね。
そうだよね。でもよく考えたら、
多くのビジネスって、
出来ている人が困っている人に
何かしらのことを教えるわけで、
そういった意味では、
多くの職業が講師業じゃない?
それは本当に思う。私はこれまで、
習い事の講師の方に色々と
レクチャーしてきて、
今は、パパと一緒に、
女性起業家の方は実業家、
コンサルタントやコーチの方など、
さまざなジャンルの方を
受け持つようになったけど、
実は人気の習い事の講師と、
人気の起業家には共通点があるね。
僕はね、人気講師という人物を
知らなかったんだけど、
中学校の時に初めて塾に行った時に
人気講師というものを目の当たりにしたんだ。
その先生は僕に、“勉強って楽しんだ!”って、
思わせてくれたんだよ。
学校の授業では勉強は
面白いと思わなかったってこと?
まったく。
へー。私は数学とか
好きだったけどなー。
そこはへそ曲がりの僕ですよ。
因数分解が社会に出て何の役に立つだよ!
とかブツブツ言いながら
いやいや授業を受けていた(笑)
で、何でそんなパパが、
勉強が面白いって感じるようになったの?
僕は初めて通った塾は、
地元では有名は進学塾だったんだけど、
その先生たちがすごく個性的だった。
へー。どんな感じで?
例えば、ある先生は、
塾の授業が始まる時に、
ちょんまげのかつらをかぶって
登場したりしてた。
なんだそれ。
完全にふざけてるじゃん。
ふざけてるんだけど、
面白いんだよ。またある先生は、
生徒とすごくフレンドリーで、
とある生徒から
カンチョーとかされていた。
とある生徒って、
どうせパパでしょ?
さすがに鋭いね。
まあ僕なんだけど、
でも、僕が、中学の先生に
カンチョーしたら、
大変なことになるでしょ?
そうだね。
僕がカンチョーをしていた先生は、
高橋先生っていうんだけど、
本当にフレンドリーで生徒と
視点が同じ感じでフランクの、
ふざけてばかりいる先生だった。
いいなーそんな先生。
でも、そんな高橋先生が一度、
すごく機嫌が悪いというか、
ムスッとした顔で教室に
入ってきた時があった。
へー。
いつもだったら、
“おーい始めるぞー、席につけー”
とかいって、生徒から、
“うるせーぞ、高橋ー!
とか言われるくらい、
ガヤガヤした感じで、
授業が始まるんだけど、
その時は生徒の誰もが感じるほど、
高橋先生から怒りというか
殺気を感じた・・・。
何があったんだろう?
僕らはただならぬ
雰囲気の高橋先生を見て、
全員、おとなしく席に着いた。
教室がシーンってなったんだね。
確かにいつもふざけてる人が
怒るのが一番怖いもんね。
そうなのよ。その塾は、
先生が“始めます!”って一言を言ったら、
“生徒が礼をして” 着席して、
授業が始まる決まりになっていたんだけど、
いつもの高橋先生なら、
“始めまーす!”とか
明るい感じで言ってくれるのが定石だった。
でもその日は高橋先生には
そんな雰囲気はなかった。
そう。もう、仏頂面で、
僕を含め生徒のみんなは、
“今日の高橋先生はどうしたんだろう?”
って緊張の眼差しで、
教壇についた高橋先生を
不安げに見つめていた。
それでそれで?
そしていつもの決まり通り、
“始めます!”という言葉を
先生が言う場面になった。
“どんな怖い感じで、高橋先生が
始めます!って言うんだろう”

って、僕たちは、
ビクビクしながら
その言葉を待ったんだ。
なんか、ピリピリした
雰囲気が伝わってくるね。
それでいよいよ、高橋先生が、
“始めます!”という言葉を発した。
で、どんな感じだったの?
それがタコのような顔をして、

始めまちゅー

って言ったんだ。

え?何それ?
僕らの一瞬、何が起こったかわからず、
その場はシーンとなった。
その時、高橋先生が、
“あれ?外したかな?”
って言って、3秒くらい後に、
教室中が“どっかん”って感じで、
笑いに包まれた。
高橋先生はみんなを楽しませるために、
わざとむすっとしていたわけね。
そう。そのあとは、
いつものように、
“高橋ふざけんなよっ!”
“怒ってると思って
びびったじゃねーか!”

みたいな声が生徒たちから起こって、
爆笑の中、授業がスタートした。
まだ、その時に何を
習ったかまで覚えてるよ。
高橋先生すごいね。
生徒を楽しませるために、
いつもそんなことを考えてるんだね。
僕は生徒を楽しませることを、
いつも考えてくれている高橋先生が
大好きだったし、
みんなも同じことを感じていたと思う。
数学の先生だったんだけど、
高橋先生から数学を習うことが
面白くて仕方がなくなって、
僕の数学の成績は一気に伸びた。
パパのやる気に
火をつけたわけね。
その塾は高橋先生だけじゃなくて、
生徒をやる気にさせてくれる
先生ばかりだった。
その塾の講師は、人気で給料が決まる。
だから先生たちも必死なんだよ。
私はそういうタイプの塾は
行ったことがないな。
その塾の先生たちを見ていて、
“あー、学校の先生も、
みんなこんな感じの先生ばかりなら、
学校が楽しくてしょうがなくなるのに”

“塾の先生と学校の先生が
なぜここまで違うんだろう?”
って、
中学生ながらものすごく疑問に思っていた。
学校の先生は
しょうがないんじゃない。
教科書通りに教えること、
カリキュラム通りに進めることが
求められるから。
でもそれが生徒のために
なっていなければ、
本末転倒じゃない?
私はパパと違って、
学校の先生で勉強が
楽しくなった方だからな。
学校の先生にも素晴らしい方はいるよ。
そうかもね。ただ、
人気がある講師って、
とにかく“つかみ”がうまい。
生徒の心をつかんだあとに、
物事を教えるから、
必然的に生徒は、
肯定的に何かを学ぶことになる。
ひねくれ者のパパでも、
やる気にさせてくれる、
楽しませてくれる先生からだったら、
勉強を習いたいと思ったわけね。
そうよ。でもそれまでの先生って、
いつも、“なんでわかんないの!”
って言う感じで僕を出来損ない扱いした。
いや、それはただの被害妄想でしょ。
実際に自動車学校で、
先生からいじめ倒された僕は、
助手席に乗った先生から、
“なんでそんなこともわからないの!”
って言われたから、
“わかんないから学校に来てんだよ!”
って言い返したことがある。
そして僕は試験を落とされた・・・。
わー、嫌な生徒。
でもそうじゃない?
わかんないから習ってるのであって、
“先生がそんなに賢いなら、
バカの僕にわかりやすく教えてよ!”

これが生徒さん心理だと思うわけ。
だから言ってやったわけさ。
嫌な生徒であることは間違いないわね。
でも、高橋先生は出来損ないの
パパの心理がわかっていたんだね。
そう。でもこれって
すごく大事なことだと思うんだよね。
実は教え方のポイントは、
教科書通り教えることじゃなくて、
“その人色の教え方ができるかどうか?”
これが人気講師になれるかどうかの
分かれ道になっているような気がする。
本当にそうだよ。
私は、多くの習い事の講師の方を
見てきたけど、多くの先生が、
資格を取ったり、技術を
身につけたりするんだけど、
自分の教え方が他の先生と
何が違うのか不安になって、
“同じことを習うなら
私じゃなくていいんじゃないかな・・・。”

“他の先生より私は有名じゃないから、
値段を下げようかな・・・。”

みたいに他の先生との差別化に
悩んでいる方は非常に多い。
講師の方だけじゃないよ。
カウンセラー、コーチ、コンサル、
士業に至るまで、
ほとんど同じような悩みを抱えているね。
差別化を図るために、
教える内容を強化したり、
新たな資格を取ったり、
偉い人に新しい技術を習ったり、
一生懸命、努力をされている。
それが悪いことだとは思わないけどね。
パパは高橋先生から
数学を学ぶことが
楽しくてしかたなくなったわけじゃない?
楽しくなった要因として、
教科書の内容って関係あった?
まったくない。高橋先生がその教科書を
教えるから価値があるんであって、
教科書だけ読んでも、
僕はやる気になんてならなかった。
その後、僕は、高校生の時にも、
予備校に通ったんだけど、
その予備校でも、
人気講師であればあるほど、
ほとんど教科書を使わなかった。
よくある、
“教科書置けー”
だよね。
そう。それで今、多くのクライアントさんを
お相手させてもらってわかるのは、
教え方が上手な人気のある方というのは、
僕が中学生の時に習った
高橋先生みたいだということ。
教科書(教える内容)に
価値があるんじゃなくて、
その人が教えるところに価値を見出している。
一方で、人気がなかなか集まらない方は、
僕の学校の先生たちのように、
教科書通りに教えようと
躍起になっている。
生徒さんに先生自体に
価値を感じてもらっている方が
人気講師ってことかな。
そうなっていれば、教える内容は
実はなんでもよくなって、
その先生から習いたいってなるよね。
そうそう。中坊の僕は、
高橋先生から数学だけじゃなくて、
国語も英語も全部習いたいって思ってたよ。
運悪く英語だけは良い先生に恵まれず、
まったく成績が上がらなかったぜ。ちっ。
完全に言い訳にしか聞こえないけど・・・
経験則に乗せたり、理論だったり、
その先生の得意なものを生かして、
生徒さんを楽しませたり、
やる気にさせたり、
教える内容ではなくて
教え方に重きを置いて
自分オリジナルの教え方を磨いていく。

それが人気がある方の特徴かな?
そうだね。それができれば、
他と比べられないし、
何を教えても生徒さんやクライアントさんは、
その先生に価値を
感じてくれるんじゃないかな。

まとめ

さていかがでしたでしょうか?

人気講師の方が持っている特徴について、
妻と好き勝手話してみましたが、
何かの参考にしてもらえれば幸いです。

自分の教え方を磨く。

僕には、高橋先生のように、
生徒を喜ばせる喜劇を
思いつく才能はありませんが、

“自分が教えるからこそ、
みんなが喜ぶことってなんだろう?”

って常に考えながら、
クライアントさんにも、
クライアントさんにしかできない
教え方を磨いてもらっています。

“教科書は一緒でも教え方だったら、
いくらでも差をつけることができる”

高橋先生から教わった、
僕の今の仕事に
ものすごく生きている
大きな財産です。

何かの参考にしてみてください。
最後までお読みいただき、
ありがとうございました。