ものもらい(めばちこ)の症状や原因、治療法|麦粒腫・霰粒腫専門

ものもらいの症状を知ろう!

このページでは

 

ものもらい(関西呼称:めばちこ)の症状・原因・治療

 

どこよりも詳しく説明させて頂きます。

 

ではまずは、
「ものもらいの種類と症状」について説明しましょう。

スポンサーリンク

ものもらいの種類と症状の違い

まず、「ものもらい」は大きく分けると

 

麦粒腫(ばくりゅうしゅ)
⇒まぶたに菌が感染して膿がたまった状態

霰粒腫(さんりゅうしゅ)
⇒まぶたに脂がたまった状態
(さらに感染を伴う場合 ⇒ 化膿性霰粒腫)

 

の二種類に分けられます。

 

これらは、
見た目は似ていますが、症状も原因も異なります。

 

では、二つの違いを詳しく説明していきます。

 

麦粒腫(ばくりゅうしゅ)症状

一般的にはこの麦粒腫を「ものもらい」と呼ぶことが多いです。

 


画像出典:monomorai.net

 

もちろん下まぶたに出来ることもあります。

 

 
画像出典:web.sapmed.ac.jp

 

 

麦粒腫は、
菌に感染することによるものもらいです。

 

症状としては、始めは痒く、徐々にまぶたが赤く腫れて痛むようになります。

 

さらに、この麦粒腫は細かく分けると2種類に分けられます。

 

@外麦粒腫
⇒まぶたの外側に出来る麦粒腫で、瞬きをした時に異物感がある程度です。ほとんどの場合が、この外麦粒腫です。

A内麦粒腫
⇒まぶたの内側に出来る麦粒腫で、かなりの痛みを伴います。

 

また、麦粒腫の特徴としては

 

@耳たぶの付け根のリンパ節の腫れを伴うことがある

A外麦粒腫内麦粒腫に関わらず、炎症が強くなるに従い、皮膚の発色や腫れ、痛みも共に強くなる

B寝不足気味の時や、季節の変わり目に出来やすい

 

と言った点が挙げられます。

 

多くの場合は、化膿することで自然に膿(うみ)が出てきた後、自然と治癒します(参考:ものもらいの治療期間)ので、失明などといった重症になることは、ほぼ無いと言えます。

 

しかし、膿が溜まりすぎた場合は切開による手術で膿を出さなければならいない場合もありますので、やはり早めの治療が必要となります。

スポンサーリンク

 

霰粒腫(さんりゅうしゅ)症状

霰粒腫とは、「めいぼ」とも呼ばれ、
読んで字のごとく目に硬いイボ(しこり)ができます。

 

 
画像出典:www.nakauchi-ganka.com

 

この「霰粒腫」は乳幼児〜老人まで、年齢に関係なく発症する病気です。

 

さほど痛みはありませんが、急性炎症を起こすと痛みを伴います。
この炎症を起こした霰粒腫は化膿性霰粒腫と呼ばれます。

 

基本的な症状として、霰粒腫はまつげの生え際にある、「マイボーム腺」という目の油を分泌する腺が、何らかの原因で詰まり、「白っぽいデキモノ」が出来たり腫れたりします。

 

痛くはありませんが、長期間放置すると次第に大きくなっていき、外から触れるとコリコリしたシコリが確認出来るまでになります。

 

急性炎症(細菌感染による化膿)を伴う場合は、見た目は麦粒腫と非常に似ているため、正しい判断で、正しい治療を選択する必要があります。

 

なお、まぶたに溜まった脂肪は、自然と破裂し吸収されることがあります。

 

これは一般的に「治るサイン」とされているため良いことですが、その際に菌が入り「化膿性霰粒腫」となる可能性があるのです。

 

また、上手く破裂・吸収されれば良いですが、何年も溜まり続けた場合は、ポリープ状のイボとなり、自然吸収されにくくなっていきます。

 

その他、「霰粒腫と似た症状」で癌という可能性もあります。

 

そのため、
痛みがないからといって放置してはいけません。

 

市販の目薬等使って3日経っても症状が全く軽くならない場合は、この「霰粒腫」を疑いましょう。

 

麦粒腫と異なり「菌を殺す」ことで治療出来るわけでは無いので、早めに眼科を受診しましょう。

 

 

それでは次に、麦粒腫・霰粒腫の原因と治療法について説明しましょう。

 

 ものもらいの原因と治療法

上記の通り、
ものもらいには種類があり、正しい治療を選択する必要があります

 

あなたの「ものもらいの種類」が分かったところで、続いてはそれぞれの原因と治療に進んでください。

スポンサーリンク

 

※ページが長くなる為、別ページに移動しました
ものもらいの「原因」を知ろう!
ものもらいの「治し方」を知ろう!

 

<あわせてご確認ください!>
●ものもらいの種類を確かめる!
麦粒腫、霰粒腫、化膿性霰粒腫の違いとは?
種類別に原因を知ろう!
種類別に治し方を知ろう!
それぞれの治療期間の違いは?

 

●色々な注意点を知る!
ものもらいに眼帯は使うな!
ものもらいは「冷やす?」「温める?」
コンタクトはして良いの!?
化粧はして良いの!?
他人にうつるの!?
つぶすのは危険なの?
ストレスとものもらいは関係ある!?
自然治癒するって本当なの!?
プールには入っても大丈夫!?

 

<あわせてご確認ください!>
病院処方の目薬を知ろう!
手術の内容と、流れを知ろう!
ものもらいの原因、マイボーム腺とは?



このエントリーをはてなブックマークに追加


ブックマーク
ブックマーク
「ものもらい」とは?
ものもらいの症状を知ろう!
ものもらいの原因を知ろう!
ものもらいを予防しよう!
ものもらいの治し方
ものもらいの治療期間はどれくらい?
ものもらいの時の注意点!
ものもらいの手術内容と流れ

ものもらい用の「目薬」について
オススメの「市販目薬」はコレ!

病院処方のものもらい目薬について
「うつる」の?ものもらいの感染
「治らない!」なかなか治らない理由!
「眼帯」は不要?
「マイボーム腺」っていったい何!?
「ストレス」は、ものもらいの原因!?
「冷やす」「温める」どちらが良い?
「下まぶた」にももらいものが出来る!?
「コンタクト」はものもらいの原因か?
「化粧」でものもらいは悪化するの??
「膿」がたくさん溜まるのですが・・
「しこり」の正体はいったいなに?
「つぶす」のは危険なの?
「めいぼ」ってなに!?
「切開」?ってどんなことするの!?
「めばちこ」ってなに!?

「自然治癒」って本当にするの?
「プール」に入っても問題ない!?


結膜炎と角膜炎の違い ウイルス性結膜炎とは? 細菌性結膜炎とは? アレルギー性結膜炎とは? クラミジア結膜炎とは?