苦手なことを知ると自分の得意がキャッシュに変わるよ!

ビジネス

普段僕は、クライアントさんに
ビジネスに関するアドバイスをする
立場になることが多いのですが、

アドバイスをしているようで、
実はクライアントさんから
一番アドバイスをもらっている・・・

みたいな感覚はコンサルをしていると、
感じることがあります。

ありがたいことに様々なタイプの
クライアントさんがいるので、
それぞれの方から全然違ったアドバイスを
もらうことができて
本当にありがたい限りです。

先日も、僕はとある動画を撮ったのですが、
その動画を見てもらったクライアントさんから、

「もっとこうした方が、良くなりますよ。」

と言ったアドバイスをもらって、
その意見を聞いて、


「いやー、本当にそうだ!
このアドバイスはありがたい!」

と目からウロコが落ちたと
いう経験をしました。

しかし、実は僕に動画のアドバイスをくれた
クライアントさんは、
そのアドバイスが僕にとって、
どれだけ価値があることのなのか
気づいていない・・・。

自分が人に価値のあることを
提供できるしたことさえ
ピンときていない。

そんなことがありました。

その時、

あー、ここをすべての人が
気づけるようになれば、
誰だって自分が持っているものが
面白いように、キャッシュに
変えられるのにな。

としみじみと感じます。

そこで今日は、自分自身でも気づいていない、
実は人が求めている、あなたの中にある、
キャッシュを生み出す
源泉の見つけ方のヒントについて

少し書いてみようと思います。

人ってお互いに助け合いながら生きるようになっているんだと実感した瞬間

僕は日頃、結構、幅広いジャンルの方を
クライアントさんに持っていて、
普段はコンサルタントですので、
こちらからアドバイスをする一方なのですが、
たまに僕自身のことで
アドバイスをいただくことがあります。

偉そうにビジネスのことを
教えている僕ですが、
人には得意分野、
不得意分野というものがあって、
得意分野のことであれば、

へいへい、なんでも聞いてちょうだいよ!

と言った感じで強気で自信もある僕ですが、
不得意分野のことはあまり、
いや、全く教えられません・・・。

その不得意分野というのが、
例えば、自分を動画に撮るとか、
インスタで自撮りをうまく撮るとか、
そんなことは教えてください
と言われてもですね・・・。

自分自身が苦手なわけですから、

どうぞ、得意な方に聞いてください。

となってしまいますわね。

おっと、こんなことを言うと、

なんていい加減なコンサルなんだ!

とか思われそうですが、
ちゃんとそれ以外のところというか、

クライアントさんの好きなことを
キャッシュに変える方法だったりは、
教えるのは超得意なので、

その部分はしっかりと
お教えしていますので、大丈夫です。

まあ、何が大丈夫なのかは別にして(笑)、
誰しも苦手な部分、得意な部分がある
ということを言いたいわけですね。

ただ、今回はなんと!その苦手なこと、
自分のことを動画に撮るということを
しなければいけない事態になりました。

これは大変ですよ。
苦手なことはやらないという
抜かりない性格が僕ですから、
どうやったら良いかなんて、
さっぱりわかりません。

でもありがたいことに、
そういうことが、
三度の飯よりも得意な
クライアントさんが
僕にはおりまして、

だったらいっそのこと、
そのクライアントさんに、
アドバイスを求めてみることにしました。

まずは僕自身で動画を撮ってみて、
それをクライアントさんに
みてもらって、その感想を
もらおうとしたわけです。

僕より厳しかったクライアントさんのアドバイス

いつもなら僕の方から
アドバイスをする立場なのに、
今回の打ち合わせばかりは、
話が違います。

あのー、僕の動画はどうだったでしょうか・・・?
そうですね、
すごいいいと思うんですけど、
早口ですよね。もっとゆっくりと話した方が、
印象が良くなると思います。

グサグサグサっ!

のっけから駄目出しです。

あと、すごいいいんですけど、
ちょっと顔が怖いんですよね。
威圧感がありますよね。
初めての人は怖いんじゃないかなー?

グサグサグサっ!

あとすごくいいところなんですけど、
倉地さん一人で話さない方がいいと思いますよ。
奥さんと喋るとかどうですかー?

グサグサグサっ!

ちょっと待てー!
どこが良いところなんだー!
すごく良いですけど、の枕詞の
使い方が間違ってるぞー

10分後、僕はこんな感じになっていました。

あのですね、この文章を読んでいる方に
知っておいてもらいたいことがありまして、
それは、先日も妻がブログで
書いていたんですけれども、

先生と生徒は似るんですよね

そのことについて書いてある記事はこちらです。

自分が望むタイプの方の集客がうまくいかない時に考えるべきこと

2019年5月30日
僕のクライアントさんは厳しい!
厳しすぎるぞ!
これは日頃の僕のコンサルに対する
仕返しかもしれない・・・
ふー、それにしてもさすがは
僕のクライアントさん、手厳しいぜ。
いやー、Aさんは僕を血祭りにあげて、
生き生きとしてましたよ・・・。

でもですね、Aさんの指摘は本当に
的を得ていて、苦手意識のある僕とは違い、
僕の動画でもっとよくできる点や、
改善点の的確なアドバイスをいただき、

「あー、やっぱり苦手なところは、
得意な人に聞いた方が早いなー。」

としみじみと感じることができた
良い経験になりました。

神様はわざと苦手なところを人に残しているとしか思えない

今回は善意で僕に動画の撮り方の
アドバイスをくれたAさんですが、

実はビジネスって、人の苦手なところを
得意な人が教えることで、
多くのビジネスが成り立っている

ように思います。

僕はクライアントさんの好きなことを
キャッシュに変える方法を思いつくのが
とにかく得意
で、そんな方法なら
いくらでもアドバイスができます。

妻は、人の感情を読むことが得意だそうで、
人と話していると、
その人が自分でも気づいていない、
本心がわかるそうで、
その方の本心をその方のビジネスに
つなげるためのやり方を説く

カウンセリングをしています。

これなんかは僕にはできない芸風です。

でも僕らの仕事って、
そのことがたまたま得意で、
そのスキルを必要としてくれる人がいるから、
成り立っているわけで、

結局、自分の得意な分野を使って、
その部分が苦手だと思っている方に
アドバイスをしているに過ぎません。

ということは、
その分野のことは苦手だと
思っている方が存在しないと、
僕らの仕事は成り立たないと
いうことになります。

おー、神様!
人間に苦手なところを残しておいて
ありがとうございます!

ですよ。

人には苦手なところがあるから、
それを誰かが補うことができると、
そこにビジネスが発生する

のであって、

そう考えると、世の中にビジネスを
発生させるために、神様は、
人にわざと苦手な部分を残している?

そんなことだって思えるわけです。

そして逆も言えるんだと思います。

世間が求めるあなたに聞きたいことは絶対にある

誰でも苦手なところってあるんですけど、
これもまた、うまくできていて、
人には“得意なところ”も、
必ずあるんですよね。

Aさんが厳しめに僕に、
アドバイスをくれたように、
苦手な人を見るだけで、
それはそれはいくらでも
水を得た魚のように話せる得意なところ、
そういった特技を誰しも
持っているように思います。

ただ、苦手なところは自分でわかっても、
人や世間が求めている、
自分の得意なところって、
自分ではなかなかわかりくいんですよね。

Aさんは、僕にしたアドバイスのようなことが、
今後、ビジネスにつながっていく予感を
ぷんぷん感じますが、それは僕がAさんに、

「今日してくれたアドバイスは、
Aさんの特技だと思いますよ。」

と言ったからです。

でもそれを聞いたAさんの反応が面白いです。

「え?これって私の特技なんですか?
こんなの普通だと思ってました。」

って答えるんですよ。

ふ、普通、普通ね・・・。
できていない僕からするとね、
嫌味にしか聞こえませんけどね、ふん。

そう、出来ている人、得意な分野のことは、
自分では普通だと感じている人が多く、
本当は世間からその力を求められているのに、
自分では全くその力に気づいていない。

これも神様が仕組んだのかな・・・。
だからビジネスって面白いのだろうか?

と妄想するのが好きな僕は
ついつい考えてしまいます。

ということは自分の特技に気づけばそれはキャッシュに変わる

神様が作った(と勝手に想像している)
この不思議な世界。

・人には苦手な分野がある

・人には得意な分野が必ずある

・人は自分の得意なこと、
世間に求められていることに
気づいていない

このアンバランスがビジネスを生み、
人はお金を払い、お金をいただき、
助け合いながら生きている。

ある意味、素晴らしい世界ですが、
そう考えると、自分の特技を
生かすことができれば、
自分の特技、すなわち好きなことは、
キャッシュに変わるということ

言えると思います。

もう、これは本当ですよ。

僕自身も自分の得意なことなんて、
自分でわからなかったですけど、
それを人に気づかせてもらって、
(教えてもらって)
それに磨きをかけていったら
今の仕事ができるようになっています。

少し、人の得意なことを見つけ、
形にすることが得意なので、
セミナー資料を作ったり、
オンライン講座を作ったりするのが、
僕の仕事です。

でもそれは、そんなことをするのが、
苦手だと思う方がいるから
なりなっていることです。

妻の場合も全く同じことが言えます。

そして今でこそ言えるのは、

世間は、実は、あなただけに
聞きたいと思っていることを求めている、

ということ。

そしてそれは、

実は既に、多くの人は気づいているけど、
ただ、あなたに言ってくれていないだけ。

このアンバランスに気づいた時、
コインの表と裏がくるっと変わるように、
自分の特技がどんどん、
キャッシュに変わるようになる。

そんな感覚を掴んでもらいたくて、
僕たち夫婦は今日も、
クライアントさんに
ビジネスをお教えしている、

それが僕たちの使命であり、
生きがいなのかもしれません。

では僕たちはどうやって自分の特技に気づいたか?

ちょっとちょっと、
だったら私の得意なところって何よ?

と思われるかもしれませんが、
自分の特技に気づく方法は、
たくさんあると思います。

誰かにアドバイスをもらうのも
良いかと思いますが、
僕ら夫婦は実は、ある方法によって、
自分たちの特技に気づきました。

それは、

“ブログを書くこと”

です。

え?なにそれ?

僕は倉地類人としてのブログは、
今読んでもらっているブログが初めてですが、
クライアントさんのブログや、
商品説明のためのブログなど、
これまで大量の記事を執筆してきました。

妻は妻で自分のブログを長らく、
運用してきています。

そうやって自分でブログを書いていったら、
書くことで自分の頭が整理され、
書くことで読者さんやクライアントさんに
フィードバックをもらえるようになり、
そのことで自分の特技に
気づくことができました。

僕にとってはブログが恩人です。

え?だったら、
誰でもブログをたくさん書いていけば、
自分の特技に気づけて、
それがキャッシュに変わるの?

そうだと思います。

おそらく人間の脳は、
文章を大量に書くと、
自分の頭が整理され、
なにかしらの気づきが得られるように
なっているのだと思います。

ただ、やっぱり自分の特技を見つける、
効率的なブログの書き方というのがあります。

僕はそのことにブログを書いて、
1年くらいした時に、

「あ、これだ!」

って気づきまして、そのことを元に、
クライアントさんに、
wordpressを書く時に、
必要なこととして
レクチャーさせてもらっています。

ただの集客のための書き方ではなくて、
書けば書くほど、自分の特技を見つけて、
それがキャッシュに変わっていくような
wordpressの書き方です。

え?そんな方法があるの?

あります。

まとめ

動画を撮る、ということから気づいた、
僕自身の苦手なこと、
そして苦手なことは誰かに助けてもらい、
今度は僕が得意なことで、
お返しする助け合って回っていく
ビジネスの素晴らしさ。

商いは“飽きない”ほど面白い
から商いと言う

なんて言われたりしますが、
本当にそうだと思います。

自分の特技をキャッシュに変えれたら、
それは本当に飽きないし、面白いです。

そんなビジネスの素晴らしさを教えたい。

ここで突然ですが、

これまで個人的にコンサルタントとして、
ビジネスをお教えさせていただいてきましたが、
今回、僕個人としては、初めて、
一般の方向けに、新しい企画を
やることを決めました。

書けば書くほど、自分の特技に気づき、
それをキャッシュに変えるための
ブログの書き方講座(仮名)

です。

もし、興味のある方は、
登録してみてください。

どんな講座なのかということを、
動画で数日にわたって説明しています。

(そう、そのための動画撮影でした・・・。
笑うのは禁止ですw)

企画に参加するしないは別にして、
動画を見てもらうだけでも、
新たなブログの書き方の気づきを
感じてもらえる内容になっていると
自負していますので、
ぜひ、お気軽に登録してみてくださいね。

最後までお読み頂き、
誠にありがとうございました。

募集は終了しました。

講座の案内はこちらから登録ください