できる人の仕事の仕方を真似ぶ(まねぶ)とっておきの方法

ビジネス

仕事ができる人が自分の近くにいた時、
自分も、

あの人のようにできるようになれたらなー。

とその人のスキルを自分のものにしたいと
思ったことはないでしょうか?

僕は何度もありました。

そして本当に人のスキルをひょいひょい、
自分のものにできる人がいるのも事実
です。

人のスキルを自分のものに
簡単に吸収できる人はどんなことを
行っているのか?

僕が実際に会った人を例に、
これから数回に分けて書いてみようと思います。

人の能力を吸収するのが恐ろしくうまかったカメレオン豊田君

僕が新卒で入った会社は、
都内の新築マンションを販売する
不動産営業の仕事でしたが、
その時の同期入社した豊田君という人がいました。

新人研修の資金計画の計算をやらしたら、
ダントツで理解度トップ、
営業トークのロープレも、

おいおい、経験者かよ?

と思うほどのうまさで、
誰もが、

こいつがおそらくトップの成績を残すだろうな。

とうなずくほど、優秀な奴で、
僕としてはあまりのクレバーっぷりに、
やきもちしかありませんでした。

研修を終え、モデルルームに新人が配属となり、
いよいよ僕たちの営業がスタートしたわけですが、

僕と豊田君は物件が分かれてしまい、
豊田君とは数ヶ月に一回の
営業会議のときくらいしか、
会う機会がなくなってしまいました。

1ヶ月後、僕は運が良いことに、
たまたま物件が3件ほど売れてしまい、
1ヶ月目は新人の中ではトップになったのですが、
2ヶ月目には豊田君が頭角を現し始め、
僕の成績と並び、

3ヶ月後には、
彼に僕の成績をぶち抜いていき、
当初みんなが予想していた通り、
豊田くんがトップに躍り出ました

くっそー、豊田め。
やはり優秀でやがるぜ。

なんて歯ぎしりをしていたわけなんですが、
4ヶ月後の営業会議があり、
僕たちは久しぶりの再会を果たします。

これは豊田に売れる秘訣を聞かねば!

そんなことをたくらみながら出た営業会議、
豊田君を見た瞬間、
僕が聞きたかったことを忘れるほどの
変貌を遂げていたことに驚きました

それは、豊田君の外観が、
新人の研修の時のそれとは全く違い、
ピシッとした明らかな高級なスーツで
まとめられていたことです。

ただ、高級なスーツに身をまとっているだけでは、
それだけの驚きはありません。

なんと豊田君、トップセールスの加藤さん
スーツや靴、時計、鞄に至るまで、
全く同じに決めているではありませんか!

トップセールスの加藤さんは、
豊田君と同じモデルルームで働いていますので、
営業会議にも、二人で並んで現れました。

同じ格好で歩く二人は、
もはや、お笑い芸人の銀シャリみたいです。

おい豊田!お前、その格好どうしたんだよ?
豊田くん
あ、これ?加藤さんを尊敬しているから、
同じ格好をさせてもらっているんだよ。
え?なんだそれ。何かの冗談かよ。
豊田くん
ちげーよ。てか、お前にはわからないさ。
あ?わからないってどういうことだよ!
豊田くん
まあいい。それより会議の後、一杯付き合えよ。

そんな感じで、豊田君と僕は、
営業会議の後、お酒を飲むことになりました。

何もわかっていなかった独りよがりの自分

営業会議の後、近くの居酒屋で、
豊田君と待ち合わせた僕は、
お酒を頼むのも忘れ、
豊田君にこう聞きます。

お前、ところでなんで加藤さんと
同じ格好してるんだよ!
加藤さんにやれって言われたのかよ!
豊田くん
はあ?そんなわけないだろ。
好きでやってんだよ。
好きでやってる?人を真似る趣味でもあるのかよ!
豊田くん
ちげーよ。加藤さんの営業スキルを
学びたいからこうしてるの。
はあ?加藤さんから学びたいなら、
別に同じ格好しなくてもいいじゃないかよ!
豊田くん
お前、何もわかってねーな。
何がわかってねーんだよ!そもそも、
成績だって今月は抜かれたけど、
トータルで俺の方が売れてるじゃねーか!
豊田くん
いつまで続くかな。
ムカッ!
豊田くん
俺はもう、売り方のコツつかんだぜ。
お前はもうつかんだのかよ?
そ、それはもうつかんでいるよ・・・。

この豊田君、良い奴なのですが、
ちょくちょくムカつく奴でして、
もう序盤から僕はムカムカ、
イラつきしか感じませんでした。

ただ、豊田君からは3ヶ月で
明らかな変化を感じられますし、
僕ときたら運もあって、
たまたま売れている感が満載
だったので、

ここは少し大人になって、
豊田君に思い切って、
身につけたという“営業のコツ”なるものを
聞いてみることにしました。

ところで豊田さ、営業のコツが
わかったって言ったけど、
どうやって身につけたんだよ。
豊田くん
加藤さんに教えてもらったんだよ。
加藤さんってあまり人に教えない、
冷たい上司だって聞いたけど、
あの加藤さんがお前に教えた?ほんとかよ!?
豊田くん
モデルルームに配属された日に、
加藤さんがさ、
“俺は鉛筆一本でも100万円で売ってくる自信がある”
って言っててさ、かっけー!って思って、
その時から俺は加藤さんから、
営業のスキルを盗もうと決めたね。
だから、どうやって加藤さんから
営業スキルを盗んだんだよ!
豊田くん
俺たちは加藤さんと何かが違うから
加藤さんのように売れないわけだろ?
そりゃ、新人だからな。ベテランの
加藤さんとは違うだろ!
豊田くん
だったら加藤さんになりきれば
加藤さんに近づけると思ってさ。
え?それで加藤さんと同じ格好してるの?
お前思ってたより単純な奴だな。
豊田くん
じゃあお前、逆に聞くけどさ、
お前の上司から営業スキルが盗めてるって言えんの?
あ、当たり前じゃねーかよ。
常に観察して上司の良いところ
盗もうとしてるさ。
豊田くん
で、その良いところってやつを盗めたのかよ?
それはある程度分かってきてるよ、当然・・・
豊田くん
わかりっこなねーんだよ。
良いとこ取りじゃーな。
どういうことだよ!
豊田くん
だってオメー、自分の今の尺度で、
上司からいいところ盗んでるんだろ?
ということはお前のフィルターを通してでしか、
その上司から盗めないってこと
じゃねーか?
それ以外、誰かから何かを盗むなんてできっこねーだろ?
豊田くん
俺はそうは思わないね。
加藤さんになりきって加藤さんのフィルターで
加藤さんから盗めれば、
自分のフィルターは入らない
はあ?それでお前、加藤さんと同じ格好をしていたのか。
豊田くん
人から良いとこ取りしてやろうとか
思ってるから自分を超えられないんだよ。
ぬぐぐ・・・。

いちいちむかつく豊田君でしたが、
言っていることはまともというか、
彼の方がどう考えても、
営業スキルが上がっていたように
思えたこともあり、妙に納得してしまう自分がいました。

で、お前いつまで加藤さんと同じ格好、
続けるの?
豊田くん
あー、これ?加藤さんの営業スキルを
吸収するまでだな。もう充分だな、と思ったら辞める。
そのへんはドライなんだな。
豊田くん
ただ、加藤さんだって、
自分の時計や靴まで真似てくれる後輩に
悪い気はしない。だから、
毎日、マンツーマンで夜遅くまで、
営業指導をしてくれているぜ。

ま、まじか・・・、
それでは僕とスキルの差が生まれるわけだ・・・。

人を完璧に真似ると、
人にも可愛がられるのか・・・。

豊田くん
倉地さあ、人から真似ぶ(まねぶ)ってのは、
いいところ取りするとは違うんだせ。

まずはその人になりきって、
自分のフィルターを通さず全て吸収する。
そのあとオリジナルを加えて昇華させる。
そうすれば人はどこまでだって成長できる。
お、お前、かっけー!!

もはや同期だと思えないほど、
豊田君が格好よく見えました。

ただ、実はその後、豊田君とは僕は
会う機会はありませんでした。

僕は次の月に、
大手住宅メーカーに転職。

僕の送別会にも豊田君は仕事で
来れなかったためです。

でも噂で聞いた話では、
僕がその会社を辞めて1年後、
彼は大手の不動産会社に転職を果たし、
その会社で最短で部長職に就くほど、
出世していったそうです。

大手の住宅メーカーに転職後、真似ぶことを実践する機会が・・・

その会社を退職し、
大手の住宅メーカーの営業職に
転職した僕は、
悩んでいました。

はたから見たら、新卒4ヶ月で、
大手住宅メーカーに栄転したように
見えたようですが、内心は、

営業のコツをつかんだわけでも、
特別なスキルを身につけたわけでもなく、

ただただ、運だけ
会社が変わったようなものでした。

研修を終え、ハウジングセンターの
モデルハウスに配属になった僕でしたが、
その時に僕は専属の先輩を一人、
店長からつけられました。

その先輩とは、東大出身のベテラン営業マンで、
一時は店長も務めたこともある方。

僕の教育係り役を言われたのでしょう。

ただ、この先輩がちょっとかわいそうな方で、
実は3ヶ月後にはもう退職が決まっている方でした。

要するに僕が入る代わりに、
その方が出ていくという構図です

そして、残りの3ヶ月は、

「あなたの代わりに入ってくる新人(僕)を
教育してから辞めるように。」

と言われているという、
ドラマのような屈辱的な役割を
言わば、押し付けられている
難しい立場の先輩から
僕は教育を受けることになります。

ただこのような状況なので、
その先輩が僕に好意的なわけがありません。

鈴木先輩
お前が倉地か・・・。
いいよな新人は、希望で溢れていて。
俺なんかお前の代わりに会社を辞めるんだ。
会社も嫌がらせだよな。

すでにあからさまに、僕の面倒など、
とても見たくないというオーラ全開
です。

そして周りからもいろいろと鈴木先輩の噂を耳にします。

・東大卒で頭は良いがとにかく頑固者だということ

・頭が少し硬いところがあり
今の時代の流れについていけず、
昔は売れていたのに
今ではまったく売れなくなってしまったこと

・店長時代も下の人間を教えるのが苦手で
下からはあまり好かれていなかったこと

おいおい、いきなりこんな先輩が直属の上司かよ!

そんなことを感じざるを得ませんでした。

ただこの時、僕はなぜか閃きます。

今こそ豊田のように
この人から真似ぶべき時なんじゃないのか!

僕の中に豊田が舞い降りてきたというか、
自分がやるべきことが
はっきりとわかったというか、
今までの自分とは違う頭が切りかわった感覚でした。

仏頂面の鈴木先輩に恐る恐る話しかけます。

鈴木先輩、これまでのご活躍、ご高名、
噂でお聞きしております。
おこがましいのですが、その鈴木さんがお持ちの
スキルを僕に伝授いただけないでしょうか?

これが僕の初めての “真似ぶ” という経験にスタートでした。

豊田がやってきたことを今度は僕が実験、実践しよう。

するとどうなったか?

ちょっと長くなりましたので、
続きは次回のブログで書いていこうと思います。

頑固者の鈴木先輩が僕に与えてくれた大事なもの、
それは僕の後の営業人生で、
何度もの助けてくれたかけがえのない宝物になります。

続きを楽しみにしていてくださいね。

続きはこちら(準備中)